Blog

タイ国政府観光庁が日本人富裕層市場のさらなる開拓を目的に日本でロードショーを実施

写真(c):タイ国政府観光庁

2019年5月17日に、タイ国政府観光庁が日本人富裕層旅行客の増加を目的としたロードショー「Amazing Thailand Luxury Road Show in Tokyo 2019」を都内ホテルで開催した。タイの本局から副総裁のタネース・ペッスワン氏が来日したほか、タイの宿泊施設や観光関連施設など全18社が、日本の旅行会社等と商談をおこなった。本イベントには当社も昨年に続き参加させていただいた。

タイ国政府観光庁は、日本人の旅行者数を前年比9%増の180万人にしたい考えだ。そのための重要な施策のひとつとして日本人富裕層を対象としたプロモーションも強化していく。特にタイでしかできない非日常の体験をアピールしていく方針だ。タネース氏もセミナー冒頭のあいさつで「昨年タイを訪問した日本人旅行者が165万人となった。タイ国政府観光庁にとって、日本はクオリティーマーケットの1つとして重要視している」と語った。

また、タイ国政府観光庁は現在、「新規顧客の開拓(Go For New Customer)」「地方都市への誘客(Go Local)」「閑散期の需要喚起(Go Low Season)」「デジタルマーケティングの強化(Go Digital)」「富裕層旅行市場の開拓(Go High)」の5つのGo(5G)をコンセプトに富裕層市場をはじめとする様々な市場に対し活動を展開している。

タイ国内から見れば、このような活動はインバウンド戦略のひとつと捉えることができる。もちろん国が違えば効果的な戦略は異なるが、例えば日本の自治体レベルでも海外でロードショーを実施するなど参考にできるのではないだろうか。

航空新聞社の原文はこちら

 

当社では、自治体や官公庁などからのインバウンド戦略推進に関するお問い合わせを随時募集しています。まずは下記お問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Related post

最近の記事

Return Top